ニキビの治療には、まず原因を知ることが必要です

綺麗な肌になろう

笑顔が戻った女性

ニキビができる原因は、過剰な皮脂の分泌によって毛穴に皮脂が詰まって引き起こります。
ストレスや生活習慣の乱れ・ホルモンバランスの乱れなどが原因で過剰に皮脂が分泌されてしまいます。
毛穴に詰まった皮脂は角栓といわれるものになり、毛穴をふさいでしまって余計に皮脂の分泌を過剰にしてしまいます。
角栓にブドウ球菌やアクネ菌が繁殖すると炎症をおこしてしまって赤ニキビになってしまいクレーター肌などの跡が残る場合もあります。
できてしまったニキビは刺激を与えないように触らないようにする必要があり、早い目に皮膚科の受診を受けるようにする必要があります。
ニキビができやすい人は生活習慣を変える必要があります。
ファストフードや脂分の多い食事などを控えるようにして、食物繊維やビタミンが豊富な野菜などを摂取したり、十分な睡眠をとるようにする必要があります。

皮膚科での治療方法は、抗生剤を使用することが多いです。
抗生物質はアクネ菌の増殖を抑えて死滅させる働きがあり、内服薬や外用薬があります。
マイシン系やセフェム系など抗生剤にはさまざまな種類があります。
抗生剤と一緒にビタミン剤を処方することもあります。
ビタミン剤は皮膚の再生を促進させる働きがありニキビ跡の色素沈着に有効になります。
美容クリニックではIPLという特殊な光を利用したフォトフェイシャルという施術方法があり、ニキビの改善に有効になります。
フォトフェイシャルは、波長の幅が広い光になるので広範囲に照射することができます。
レーザーよりもお肌に優しいといった特徴があり手軽におこなうことができるので人気があります。