ニキビの治療には、まず原因を知ることが必要です

甘くみない

女性

ニキビが跡にならないためには、早くニキビを治す必要があります。それにはニキビを潰したり、隠そうとすることは逆効果です。
また頬杖をつく癖がある人も要注意です。皮膚科での治療法は、症状により変わってきます。
思春期にできるものは、ホルモンのバランスが関係します。そのため、ホルモンを抑制する薬での治療を行います。
赤ニキビは、菌の増殖が進んでいることです。これには、抗菌作用、抗炎症作用の抗生剤を処方される場合もあります。
また、ビタミン剤の処方もあります。さらに、ニキビが多く跡を残さないためには圧出治療があります。
これは、レーザーを使いニキビの先に穴をあけます。そして皮脂を出す治療法です。
赤みを帯びた炎症の強いもの程、効果があります。

治療の歴史は、古代エジプト時代まで遡ります。この時代では、現在では主流となっているピーリングがすでに誕生していました。
サワーミルクのお風呂で肌の再生化をすることで効果を得ていました。サワーミルクには乳酸が含まれいます。
そのため肌を柔らかくし再生化の効果があります。古代ギリシアでは、ハーブが用いられていました。
傷を修復する効果があるため、患部に塗布する方法でした。1800年代には硫黄が使用されています。
痛み、炎症を抑える働きがあり現在でも医薬品で用いられています。また様々な方法が取り入れられたのは、1900年代に入ってからです。
放射線、暖下剤などは、この時代に取り入れられたものになります。日本では平安時代が最も古い歴史です。
しかし、どのような治療が行われていたかはわかっていません。